自己評価で仕事を選べるフリーランス

フリーランスをしてIT業界で働く際の特徴として、自分の能力や経験等を自分で評価することによって、適性のあると考えられる仕事を選んで請け負っていくことができるという点がある。
評価が他人によってなされるのではなく、自分によって行われるということは、換言すれば自分を適切に評価できなければ能力に見合った仕事を担っていくことができないということになる。

しかし、多少能力が不足していても高い要求のある仕事に挑戦していくこともできるというメリットもあるのが、フリーランスをするメリットである。
そういった考え方から、将来性を考えて多くのフリーエンジニアが挑むのがプロジェクトマネージャーの仕事であり、企業における管理職としての任務を果たすことができるかどうかという観点から自分の力を試すのに適した仕事となっている。

その成功の暁には、将来的に転職して管理職につける可能性が生まれることから、キャリアプランを考える上で重要なステップとなるのである。
しかし、企業側も人選を行うのは事実であり、自己評価が通用するのは応募の時点までであって、実際にプロジェクトマネージャーとして採用されるには相応の経験や実績が必要となる。企業としても一つのプロジェクトを任せるということは、その成功の可否によって企業の生命が揺らぐ可能性すらあるため慎重に人選を行う。
そのため、仕事を選ぶ自由があるとはいえ、プロジェクトマネージャーの道は険しいことは否めない。

Please comment with your real name using good manners.

Leave a Reply