フリーランスの人材と情報把握の苦労

フリーランスの人材がプロジェクトマネージャーとして起用された際に最も忙しくなるのは、プロジェクトをスタートさせられるようになるまでの期間である。
もともと別の案件で何度も出入りをしたことがある企業からの依頼であれば、それほど大きな苦労はない可能性もあるが、はじめての職場での仕事となる場合には特に多忙を極めることになる。

依頼主にあたる企業から指定されたクライアントに対してヒアリングを行って、プロジェクトとして行うべき内容について明確化し、開発するシステムの大まかな構成を考えるという段階は、フリーランスでシステム開発に携わってきた経験があればそれほど難しいことではない。
しかし、それを具体的なプランにするためには多くのことを学ばなければならず、それに時間を取られることになってしまうのである。
依頼主にあたる企業やクライアント側の予算状況について理解をしたり、機材や設備の有無についての確認をしたりする作業が始めに必要になる。

そして、プロジェクトを実際に担うメンバー選定を行うためには、社内の人材についても把握する必要があり、社内からでは不足と判断される場合には社外の人材を募集することも考慮しなければならないのである。そうしている間にも時間は過ぎていくが、依頼主からは速やかにプロジェクトを開始して完了することを求められているため、必然的に多忙な日々を送らなければならなくなってしまうのが実情となっている。

Please comment with your real name using good manners.

Leave a Reply