フリーランスの持つべき仕事の時間感覚

企業から独立してフリーランスをする場合には、どういったタイプの仕事を請け負うことによって、どれだけの時間が費やされることになるかという感覚を身につけることは重要である。
それによって、どれだけの仕事を並行して行っていくことができるかという視点や、休暇としてどれだけの時間をとっていくことができるかということを判断することができるようになる。

フリーエンジニアとしての仕事を行っていくうちに、様々な現場の仕事にどれだけの時間がかかるかという感覚はついてくる。しかし、その予想がつけがたくなるのが管理職の仕事であり、プロジェクトマネージャーのような役職に就くと途端に仕事の並行は難しくなる。
プロジェクトの進行度合いやクライアントからの要望の度合い、市場の動向の変化などの自分では管理ができない外的要因によって、仕事の忙しさが大きく左右されるからである。

忙しい場合には昼夜を問わず働き詰めにならざるを得ないものの、安定してプロジェクトが進行している場合には定時で仕事を負えることも難しいことではない。
状況に応じて大きく忙しさが変化するのが、プロジェクトマネージャーのような管理職で仕事をする場合の特徴であり、一つの仕事に集中して携わっていくことが望ましいものとなっている。
フリーランスをしている立場であっても、プロジェクトの成功の可否を担う人材としてその責任は重く、全精力を費やしていくことが将来性を高めるためにも不可欠となる。

Please comment with your real name using good manners.

Leave a Reply